Perfumeからくり時計の分解と回路図

Perfumeからくり時計の移動板が動かなくなったので、分解してみました。
(このブログは最小限の検証と考察です。ご自身で分解をされる方は、もちろん自己責任です。)

20160417-111147.jpg

基盤、盤面のアクセスまでなら、+ネジ6本。外周の縁に沿って6本並んでいます。

背面の蓋が開きます。
(スピーカー、設定スイッチの電線が跨ぐので、切らないよう注意)

20160417-111305.jpg

裏面のケースに写真左から、スピーカー、ON/OFFスイッチ、ボリューム、プッシュスイッチが並びます

20160417-111328.jpg

写真左から、基盤と時計ユニット。
時計ユニットは文字盤と0分目の通知をします。
基盤は、モーター、スピーカー、スイッチ、明度センサー、からくり位置センサーが接続されています。
電池は直列つなぎ、2本に別れて、それぞれのユニットに給電しています。

20160417-111345.jpg

今回主役の文字盤を動かすモーターは、横から見るとギアにアクセスできます。中途半端に止まった場合は、これを回すと動きます。

20160417-111401.jpg

だいたいの回路図
スピーカー、各センサー、時計との通信には、たぶん極性が無いのでプラスマイナスは問題ないです。(実証していません)

20160417-111416.jpg

20160417-113733.jpg

necomimi

思ったより安かったので、買ってテスト
知的障害の方のコミュニケーターになったらいいなと

テストピンと接続したプローブ用基盤
実際は+-端子とデジタル信号、RAW信号(不明)

20130601-152322.jpg

脳波っぽい信号20130601-152331.jpg

4/12自作 electric-wear: Spring_of_Life (Perfume)

Perfumeさんの 「Spring of Life」 のPV衣装を再現してみました
試作のため、手足のバンド、右側など細部は接続していません。
電池4本で使用できるので、劇設定とは違い、外出が可能です

タイミングとか、色々と間違っているかもしれませんが、趣味の範疇でお許しください。

sol_photo1

SoL-atom

↓参考までに、イルミネーション部分の記述(コード冗長とか、汚いとかはお許しください ^^;;)



#define M0_TIMER 60

/*各挙動のタイミング*/

//----------上下に流れる--------------
void wave0(){ 
	
		duty_out4 = 5;
		delay_ms(M0_TIMER);

		duty_out3 = 5;
		duty_out5 = 5;

		delay_ms(M0_TIMER);

		duty_out2 = 5;
		duty_out6 = 5;

		delay_ms(M0_TIMER);

		duty_out1 = 5;
		duty_out7 = 5;

		delay_ms(M0_TIMER);
		
		duty_out0 = 5;
		duty_out8 = 5;

		delay_ms(M0_TIMER);

		duty_out9 = 5;
		delay_ms(M0_TIMER);
		delay_ms(M0_TIMER);

		duty_all(0);
}

//----------上から下--------------
void wave1(){
		duty_out0 = 5;

		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_out1 = 5;

		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_out2 = 5;
		duty_out0 = 3;

		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_out3 = 5;
		duty_out0 = 2;
		duty_out1 = 3;

		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_out4 = 5;
		duty_out0 = 1;
		duty_out1 = 2;
		duty_out2 = 3;

		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_out5 = 5;
		duty_out0 = 0;
		duty_out1 = 1;
		duty_out2 = 2;
		duty_out3 = 3;

		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_out6 = 5;
		duty_out1 = 0;
		duty_out2 = 1;
		duty_out3 = 2;
		duty_out4 = 3;
		
		duty_out0 = 5;

		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_out7 = 5;
		duty_out2 = 0;
		duty_out3 = 1;
		duty_out4 = 2;
		duty_out5 = 3;

		duty_out1 = 5;
		duty_out0 = 2;

		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_out8 = 5;
		duty_out3 = 0;
		duty_out4 = 1;
		duty_out5 = 2;
		duty_out6 = 3;

		duty_out2 = 5;
		duty_out0 = 1;
		duty_out1 = 2;

		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_out9 = 5;
		duty_out4 = 0;
		duty_out5 = 1;
		duty_out6 = 2;
		duty_out7 = 3;

		duty_out3 = 5;
		duty_out0 = 0;
		duty_out1 = 1;
		duty_out2 = 2;

		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_out5 = 0;
		duty_out6 = 1;
		duty_out7 = 2;
		duty_out8 = 3;

		duty_out4 = 5;
		duty_out1 = 0;
		duty_out2 = 1;
		duty_out3 = 2;

		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_out6 = 0;
		duty_out7 = 1;
		duty_out8 = 2;
		duty_out9 = 3;

		duty_out5 = 5;
		duty_out2 = 0;
		duty_out3 = 1;
		duty_out4 = 2;

		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_out7 = 0;
		duty_out8 = 1;
		duty_out9 = 2;

		duty_out6 = 5;
		duty_out3 = 0;
		duty_out4 = 1;
		duty_out5 = 2;

		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_out8 = 0;
		duty_out9 = 1;

		duty_out7 = 5;
		duty_out4 = 0;
		duty_out5 = 1;
		duty_out6 = 2;

		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_out9 = 0;

		duty_out8 = 5;
		duty_out5 = 0;
		duty_out6 = 1;
		duty_out7 = 2;

		delay_ms(M0_TIMER);

		duty_out9 = 5;
		duty_out6 = 0;
		duty_out7 = 1;
		duty_out8 = 2;

		delay_ms(M0_TIMER);

		duty_out7 = 0;
		duty_out8 = 1;
		duty_out9 = 1;

		delay_ms(M0_TIMER);

		duty_out8 = 1;
		duty_out9 = 1;

		delay_ms(M0_TIMER);

		duty_out8 = 0;
		duty_out9 = 0;

		delay_ms(M0_TIMER);
}

//----------短フラッシュ--------------

void wave2(){
		duty_all(5);
		delay_ms(M0_TIMER);
		delay_ms(M0_TIMER);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(1);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(0);
		delay_ms(M0_TIMER);
		
		duty_all(5);
		delay_ms(M0_TIMER);
		delay_ms(M0_TIMER);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(1);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(0);
		delay_ms(M0_TIMER);
		
		duty_all(5);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(1);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(0);
		delay_ms(M0_TIMER);
		
		duty_all(5);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(1);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(0);
		delay_ms(M0_TIMER);
		
}

//----------長フラッシュ--------------
void wave3(){
		duty_all(5);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(1);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(0);
		delay_ms(M0_TIMER);
		
		duty_all(5);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(1);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(0);
		delay_ms(M0_TIMER);
		
		duty_all(5);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(1);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(0);
		delay_ms(M0_TIMER);
		
		duty_all(5);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(1);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(0);
		delay_ms(M0_TIMER);
		
		duty_all(5);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(1);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(0);
		delay_ms(M0_TIMER);
		
		duty_all(5);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(1);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(0);
		delay_ms(M0_TIMER);
		
		duty_all(5);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(1);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(0);
		delay_ms(M0_TIMER);
		
		duty_all(5);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(1);
		delay_ms(M0_TIMER);
		duty_all(0);
		delay_ms(M0_TIMER);
		

}


//ここまで

宇宙実験室という妄想

宇宙にスペースが持てたら、
宇宙で実験をするための無人実験スペースがあったらいいと思う。

地上から遠隔制御でロボットアームを操作し、カメラで撮影しながら地上に送る
都度の実験が終わると、被検体は実験室から切り離され、地上降下や処分となり、次の実験体が打ち上がるのを待つ

数日、数ヶ月にわたる無重力実験や、完全な宇宙空間での検証が必要なものは地球内では不可能である。
また、有人飛行や、都度ロボットアームを打ち上げる事もコストアップに拍車をかけてしまう。

最小構成で行けば、キューブサット程度の衛星8基 これらは、宇宙空間で合体し、1m立方のキューブとなる。角にキューブサットを配置し、パイプのようなものを繋いで小さな空間にする。
ロボットアームやパイプ、姿勢制御、通信機などのパーツは8基のキューブに分包するため、もしかすると8基では不足するかもしれない。

20110804-031353.jpg

CubeSatというアマチュア人工衛星

久々のブログは、宇宙の件。
先日寄った本屋さんにあった日経サイエンスの記事

book

個人で人工衛星を飛ばせる時代だったんだと、思った。
過去の報道を思い出せば、大阪の「まいど1号」という個人開発の人工衛星があった。
今ではキットなるものが販売されていて 8,000ドル程度で打ち上げも含めて購入可能のようだ(不確定情報)

宇宙に(名のとおり)スペースを持てる事は、様々な可能性が見えてくる
とはいえ、安くても8,000ドルとは、簡単に作れる物ではない。

10cm四方の小型人工衛星CubeSatの開発を手掛けるのは、工学系の大学がほとんど
主な仕事は、地球環境の監視、天体の写真撮影、通信機の実験 のようだ。

各種法律(国際宇宙法などもある)、制御技術、目的など明らかにしなければならない課題は多い
まだ本腰は入れられないが、少しだけ駒を進めておきたいテーマでもある。

リンク
日経サイエンス公式記事201109
不定期日誌 ミハ缶>個人が宇宙開発へ参入できる時代に
wired.jp>80万円で打ち上げられるDIY衛星キット2010/08/05